マンマに習うイタリア料理

アクセスカウンタ

zoom RSS パスクアのスペシャルメニュー 

<<   作成日時 : 2010/04/07 17:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月の教室1回目の4日は、ちょうどパスクア=復活祭の日にあたることから、
今月はパスクアの伝統的なメニューである、子羊のお肉をメインに、
手打ちパスタ、ティラミスなどを作りました


画像



写真左は、マンマ、アウローラと共に私たちのもう一人のお母さんである
イタリア生活文化交流協会の中村さん。
このイタリア料理の立ち上げから現在までずっと支えて下さっています。
右は、昔から参加してくださっているHさん。

ちなみに、まな板の上にのっているのが、今回いただいた
大きなラムの塊ですよ!!


《4月のメニュー》

前菜:パスクアの卵

プリモ:手打ちパスタのタリアテッレ 菜の花のソース

セコンド:たっぷりハーブの子羊のロースト

ドルチェ:ティラミス





Antipasto:前菜

Uova di pasqua パスクアの卵


パスクア=復活祭のシンボルは、誕生の意味で『卵』ですので、
卵料理を選びました。
ゆで卵の黄身を、ケッパーやパセリなどと混ぜ合わせ、それを白身に盛り付けます。

黄身の黄色と、パセリの緑が春らしくてきれいです。


画像




Primo:プリモ

Tagliatelle fatta a mano con punte di rapa
手打ちパスタのタリアテッレ 菜の花のソース


4月2回目の教室には、いつもお世話になっている
茨木の農家より、たくさんの畑菜の菜の花が届きました


画像




今月は皆さんお待ちかねの、手打ちパスタを作りました。

画像




《アウローラ》

画像



手打ちパスタと聞くとなんとなく難しそうなイメージがあるかもしれませんが
意外と簡単にできますよ!
なんと言っても粉物は、作る過程が楽しいです。


ほろ苦い菜の花をニンニク、オリーブオイル、唐辛子の
「アーリオ オーリオ ペペロンチーノ」で。
素材の味が生きます。


画像





Secondo:セコンド


Agnello arrosto con erbe aromatiche
たっぷりハーブの子羊のロースト


日本の日常生活で、ラムをいただくことはあまりありませんよね、
イタリアでは復活祭のメイン料理には、ラムもしくはウサギのお肉をいただきます。

ラム独特のにおいが苦手だという方もたくさんいらっしゃるのではないかと
思いますが、
今回の方法は昔私がシエナで習ったもので、ハーブがたっぷり入ります。


私もイタリア時代にいただいたラム・・・塩、こしょうとオリーブオイルの味付けで
オーブンで焼いたものだと、「もう二度と食べない。」と固く決意してしまうほど
大の苦手でした。
こんな私でも、この調理法だといただけます。


参加された方の中にも「ラムはちょっとねぇ・・・・・」という方がいらっしゃいましたが、
これは食べやすかったと好評でした


画像



ハーブがこれだけ入っています


画像



画像




Dolce:ドルチェ

Tiramisu' ティラミス


こちらも、みなさんお待ちかねのティラミスです。
甘さ控え目で、カカオとエスプレッソが効いた大人の味わい


画像




皆さん大満足の4品でした


教室についてチプレッソHPは こちら




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パスクアのスペシャルメニュー  マンマに習うイタリア料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる