マンマに習うイタリア料理

アクセスカウンタ

zoom RSS 食欲の秋に

<<   作成日時 : 2010/10/30 21:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今月も「手打ちパスタ」。パッパルデッレをラグーと合わせました。
Che bonta'!!
なんてボリューミー〜〜
そして、たっぷりのきのこをホワイトソースと合わせたクレープ包みなど。
この季節にぴったりのメニューでは?


画像




《10月のメニュー》

前菜:オリーブのブルスケッタ

プリモ:手打ちパスタのパッパルデッレ ラグーと

セコンド:キノコのクレープ包み

付け合わせ:野菜サラダ



Antipasto:前菜

Bruschette alle olive オリーブのブルスケッタ


刻んだ黒オリーブを、かりっと焼いたパンの上にのせています。

普段はたいていオリーブオイルで仕上げることが多いのですが
オリーブの塩分があるので、今回は少しバターをぬって、
パセリの緑で色を添えています。


画像




Primo piatto:プリモピアット

Pappardelle al ragu' 手打ちパスタのパッパルデッレ ラグーと

「パッパルデッレ」とは・・・?
タリアテッレなどよりももっと幅広の麺のことで、とても食べこたえがあります。


さてっ、手打ちパスタにとりかかります。
台の上に置いた小麦粉の中央に卵を入れるスペースを作り、粉と混ぜ合わせていきます。
イタリアでは、小麦粉をFontana(噴水)の形に置くと呼ばれます。


画像



そしてよくこねて

画像



画像



ひとまとまりになったら、少し生地を休ませ、均一にのばします。


画像




それを幅広に切って、どんどんパッパルデッレが出来上がっていきます。


画像


画像



ソースは、「ラグー」=ミートソースのことです。
ミンチ、人参、玉ねぎ、セロリ、ニンニクにトマトピューレ。
数時間じっくり煮込みました。

画像



できましたできました

画像



画像



このボリュームです。削りたてのパルミジャーノをたっぷりかけて



Secondo piatto:セコンドピアット

Crespelle con ripieno キノコのクレープ包み

今月のメインは、少し手の込んだ一品。


まずキノコをしっかり炒めます

画像



そして、ベシャメッラ、いつも人気のアウローラのホワイトーソース

画像



これを先のキノコと混ぜ合わせ

画像



クレープを焼いて、包みました。これをオーブンに。

画像



画像



こちら、しばらくの間皆さん無言で食べておられました。
もちろんおいしくて・・・感激のあまり!の話です。



Contorno:付け合わせ

Insalata mista 野菜サラダ

付け合わせはサラダにオリーブオイル&お塩、バルサミコでさっぱりと

画像




最後に・・・・
毎月、ああでもないこうでもないとメニューを考えていますが、
今回の組み合わせ、今年の中でも1、2番を争う!?
なかなか良いメニューだったのでは?と個人的には思っています。

もちろん、食べ物にはそれぞれ好みというものがありますので
何が良いか、一概には言えませんが。


イタリア人の場合、パスタのソースにお肉を持ってきて、
メインもお肉でもしっかりたいらげてしまいます。
もちろん、彼らは狩猟民族ですからそのあたりは同じ土壌で話はできません・・・

でも、プリモにラグーをもってきて、メインもお肉は日本人には重いよね?という
ところから、今月はキノコにしてみましたがいかがでしたか?



それでは来月もお待ちしております。


料理教室についてチプレッソHPはこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
食欲の秋に マンマに習うイタリア料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる