マンマに習うイタリア料理

アクセスカウンタ

zoom RSS Buon Anno

<<   作成日時 : 2010/12/31 19:23   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日は雪がちらついて寒いですね・・・
早いものでもう大晦日。
今年1年お世話になり、どうもありがとうございました。


画像




イタリアの年越しはどんなのか?というと、
クリスマスは昼食を家族揃って、ですが
大晦日は、晩餐。


家族やら、友人たちと集まって、ゆっくり夕飯を食べ、
新年を迎える少し前にちょうどドルチェタイムくらいで。
クリスマスに引き続き、パネトーネやパンドーロなどを食べながら、
乾杯用のスプマンテを用意して、みんなでカウントダウンの準備。

そして0時にはカウントダウン&乾杯!!

町では花火がたくさんあがり、爆竹も鳴り響きます。



日本よりも、うわーっと明るくて一瞬で終わってしまう、感じかな。
日本のお正月のような厳かな雰囲気も、全くありませんしね。



あと、新年を迎えるにあたってイタリアの風習で面白いのは・・・

「赤い下着」を身につけること。
もしくは、何か一つ新しいものでもOKというのも聞いたことがあります。


この時期イタリアの下着屋さんはびっくりするほど真っ赤です(笑)






それではいつも教室を支えて下さっている皆様
また今年始めたブログを読んで下さった皆様
どうもありがとうございました。


来年もどうぞよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎え下さいね。

Tantissimi auguri di Buon Anno!!!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イタリアも中国のように、新年には赤い物を身に着けるのですね。やっぱり赤って、パワーがあるのでしょうね。年とると赤を着たがる母も そのせいかしら?! 
長女が、大晦日に電車でドイツからベローナに入り、長旅の疲れで寝てしまい、花火の音で目が覚めたそうです。カウントダウンを逃してしまい、ショックをうけていました。『他の国とは違い、イタリアでは英語が通じず困りますが、R を巻き舌にして ローマ字読みにすると通じた。』と言っていましたが、浅野さん本当ですか?でも、返ってくる言葉が理解不能だって。
話は変わり、12月のトルテッリーニは、阪急のトスカーナ展で、四つ入って¥1,600-を思うとビックリの美味しさ!!
(私は最終日に半額で買ったけど)勝ると劣らない物でしたよネ。いつか、京都のオルトで食べた、メレンゲのドルチェを教えてください。やっぱり、コーンスターチは入れるべきでした?失敗しました。 では、1月の料理教室は、仕事の様子をみて、前日に申し込みますのでヨロシク。   
kokoさん
2011/01/07 01:59
Koko様
コメントありがとうございます^^
娘さんイタリアに行かれたのですね、いいなぁ〜
異国の電車の中での年越しも、乙なものでは?
でも寝てしまっていたのは残念だったでしょうね。
Veronaだと、ニューイヤーコンサートもたくさんあったのではないでしょうか。
私、記事には大みそかのフェスタ、家バージョンについて書きましたが、大きな町へ行けば行くほど、広場ごとに色々なコンサートが開かれていて、みんな乾杯用のスプマンテもコップもちゃんと持参していて、知らない人同士でもみんなで乾杯!という感じで、とても面白いんです。

確かにイタリア語は基本ローマ字読みでOKです。
Rは巻き舌で。しかもR1つだけでなくRRと続く単語も多いので、私は泣かされています・・・

オルトではメレンゲのドルチェいつもお土産に下さるんです、うれしいですよね。
あれは私も作ったことがないので・・・イタリアのドルチェの本を何冊か見てみましたが、どれも砂糖(粉糖)と卵白とお塩と書いてありますね。
ぜひ再チャレンジを!

1月の教室、もし来られそうならご連絡お待ちしておりますね!
Asano
2011/01/08 23:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Buon Anno マンマに習うイタリア料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる