マンマに習うイタリア料理

アクセスカウンタ

zoom RSS 「hitoiki」記念メニューで

<<   作成日時 : 2011/02/28 12:32   >>

トラックバック 0 / コメント 2

昨年秋にアウローラが「手打ちパスタ作り」の取材を受けたとお知らせしましたが
その雑誌「hitoiki」が1月に発行されました!
これを記念して今月のパスタは取材で作ったメニューの一つを取り入れました。


画像



〈2月のメニュー〉

プリモ:ひよこ豆のズッパと手打ちパスタのクアドゥルッチ

セコンド:パルミジャーノのポルタフォーリオ

付け合わせ:バターとパルミジャーノのほうれん草

ドルチェ:ズコット



Primo piatto:プリモ

Quadrucci con la zuppa di ceci
ひよこ豆のズッパと手打ちパスタのクアドゥルッチ


こちらが、雑誌に載せたメニューの一つ。具だくさんの野菜とひよこ豆のスープに、
クアドゥルッチという小さく刻んだパスタを入れて一緒に煮込みます。
ズッパとは、具だくさんのスープのことです。


まずは野菜とパンチェッタ(ベーコン)をよく炒めて

画像



そこへ水とひよこ豆を

画像



これは、パッサヴェルドゥーラという野菜こし器でお豆をつぶしているところ。
この「手動」なところがまさにイタリア式ですよ!
けれど・・・フードプロセッサーの方が速いし簡単だし、という方は、
当日もそちらをお使いでした。
もちろんどちらでもOKです。



一方、ズッパに入れる手打ちパスタ作り。

画像



アウローラお得意のパスタ、今回もきれいな生地ができました。

画像


画像



こうやって、パスタカッターで小さなひし形に切っていきます。

画像



このパスタを、煮込んでおいたズッパに食べる直前に加えて一緒にゆでてしまいます。

画像



取材時にも、記者の方から
「これは絶対にレストランでは食べられないなぁ!
まさに家庭の味で本当においしい」と、絶賛だったんですよ。


画像



Secondo piatto:セコンド&contorno 付け合わせ

Portafogli di parmigiano パルミジャーノのポルタフォーリオ
Spinaci al burro e parmigiano バターとパルミジャーノのほうれん草


ポルタフォーリオとは、本来「お財布」の意味ですが
豚肉でパルミジャーノを包んでしまうので、この名前がついています。

画像




豚肉の上に、生ハムを重ねて、その上にパルミジャーノを乗せて。
これをくるっと折って爪楊枝で止めます。

画像




焼きあがりに生クリームを加えて、クリーミーなソースに仕上げます。
ボリュームたっぷりの一皿。

付け合わせのほうれん草はさっとゆでてバターで炒め
パルミジャーノをかけています。

画像



Dolce:ドルチェ

Zuccotto ズコット

こちら、ズコットの家庭バージョン。
私がイタリアで一番お世話になったマンマの味です。

ズコットとは、ドーム型の生地(スポンジ)の中に、生クリームや、セミフレッド等のクリームと
ドライフルーツやチョコなどを好みで入れたお菓子のこと。

家庭では、ティラミスを作る際に活躍するフィンガービスケットの
サヴォイアルディを使って簡単に作れます。



まずはエスプレッソに浸したサヴォイアルディをボールに隙間なく敷きつめ

画像



マスカルポーネと卵、チョコレート、そして刻んだくるみとアーモンドを加えて
作ったクリームに、最後にメレンゲを加えてふんわりと。

画像



先のボールにクリームを詰めて、冷やします。

画像




そして2時間後、ボールからお皿にポンと出して!

画像



中はこんな感じです。

画像






それでは来月も皆様のお越しをお待ちしております。


教室についてチプレッソHPはこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 さすが、アウローラは、人気者ですね。以前、娘の大学のイタリア語の教科書に《アウローラ○○の協力に感謝!》と書かれておりビックリしました。「良い先生だから 宜しく言っといて!」とアウローラに頼まれましたが、娘は成績が悪く、伝言は未だ伝わっていません。ゴメンなさい。
そして、出勤前、テレビを消そうとしたら、テレビにアウローラが出ていて、またまたビックリ!アウローラは、発音の悪いインタビューアーに何度も「ボンジョールノ」と教えていました。
そして、そして、雑誌にも載っちゃいましたね。スゴーイ!! こんなにパワフルに活躍しているアウローラに お料理を習っているなんて幸福です。ありがとうございます。これからもヨロシクね。
アサノさん、紹介してもらった チプレッソのバジルペースト美味しかったです。ありがとう。イタリアのチョコレートをオマケしてくれた 南野社長にもありがとう。
KOKO
2011/03/03 14:30
KOKO様
返信遅くなりすみません・・・
いつもありがとうございます。
テレビの件、知りませんでしたのでアウローラに聞いて
みましたよ!
イタリア語を教えている語学学校に取材に来られたとか何とかで。某、朝の番組ですね。
私も見たかったなぁ〜〜
ほんとに、大活躍ですよね!
これからますますそんな機会が増えていくと私は
思っています。
バジルペースト気に入っていただけて
良かったです^^V


Asano
2011/03/17 12:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「hitoiki」記念メニューで マンマに習うイタリア料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる