マンマに習うイタリア料理

アクセスカウンタ

zoom RSS パスクアメニュー

<<   作成日時 : 2011/05/16 11:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月の教室は、ちょうどイースター:イタリア語でパスクアの
日程と重なりました。
パスクアの典型的なメニュー、ラムをメインに、シンボルである
卵の前菜などを作りました。


<4月のメニュー>

前菜:パスクアの卵

プリモ:ラザーニェ

セコンド:ラムとオリーブの煮込み

コントルノ:アスパラガスのボイル


Antipasto:前菜

Uova di Pasqua  パスクアの卵


画像



ゆで卵の黄身に、塩漬けケッパー、パセリなどを混ぜ込んで、
白身に盛り付けています。

毎回盛り付けにとても凝って下さるのは、Tさん&Tさんコンビ。
今回も、写真撮らせてもらいました。


Primo piatto:プリモ

Lasagne ラザーニェ


フェスタや家族、友人が大勢集まる時によく作られるのがラザーニェ。

ラグー(ミートソース)なしで、野菜とベシャメッラ(ホワイトソース)など様々な
バージョンがありますが、今回はスタンダードな形。


まずは煮こめば煮込むほどおいしいラグー。
ソッフリット・・・玉ねぎ、ニンジン、セロリに豚と牛ミンチを混ぜて
しっかりぽろぽろになるまで炒めます。


画像



そこへトマトピューレ、パッサータを。

画像



このまま数時間ゆっくり火にかけておきます。


そして、パスタ。
以前、ラザーニャのパスタも手打ちで作ったことがありましたが
今回は、市販のもの。
ラザーニャ用はこんなに大きいのです。
他のパスタのように、一気に投入ではなく数枚ずつゆでていきます。


画像



そして、作っておいたラグー、パスタ、パルミジャーノ、ベシャメッラを層に。


画像



画像



そしてオーブンへ。できました!


画像




Secondo piatto:セコンド&Contorno:コントルノ

Agnello con le olive ラムとオリーブの煮込み
Asparagi lessi アスパラガスのボイル


イタリアではパスクアにラムか、うさぎのお肉を食べる伝統があります。
ラムも、ローストしたり各家庭によって頂き方はいろいろですが
今回は、オリーブと一緒に煮込みました。


まずはラムに塩こしょうをたっぷり。

画像




そしてニンニクと一緒に強火で炒めて

画像




作っておいたブイヨン、緑と黒のオリーブ、唐辛子などと一緒に
こちらもゆっくり煮込みます。

画像



できました。そこへゆでたアスパラを付け合わせに。

画像




おまけ

Pate' di olive オリーブのパテ

私のイタリアのお土産。
今回はお店で輸入しているオリーブオイルを生産されている方の所などへ行ったので、
そちらで頂いたお土産を皆さんへおすそ分けです。


イタリアサビーナ地方産のオリーブのパテをパンに塗っていただきました。

画像





それでは、今月の教室でも皆さまにお会いできるのを楽しみにしています


教室についてチプレッソHPはこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パスクアメニュー マンマに習うイタリア料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる