マンマに習うイタリア料理

アクセスカウンタ

zoom RSS さわやか!お米のサラダ

<<   作成日時 : 2011/08/11 15:42   >>

トラックバック 0 / コメント 2

「酷暑」が続いていますが皆さんこの夏お元気にお過ごしですか?

7月メニューをアップします。
この時期おすすめのメニューはこちら。


<7月のメニュー>

プリモ:真夏のライスサラダ

セコンド&コントルノ:スペッツァティーノ お肉の煮込みジャガイモ入り

ドルチェ:マチェドニア


画像




Primo piatto:プリモピアット
Insalata di riso 真夏のライスサラダ


真夏のイタリアでよく食卓に上るメニュー、ライスサラダ。
暑い時期はリゾットよりも、こんな風にサラダ感覚でお米をいただきます。


まずはお米をゆでて
※お米はもちろんイタリアのリゾット用です

画像



写真に撮ってみたもののちょっと分かりにくいですが(笑)
そう、パスタと同じような感覚でこんな風に「ゆで」ます。


ゆでたお米をさっと冷やし

画像



混ぜ合わせる具はこれだけ

画像



画像




オリーブオイルとレモンの搾り汁、刻んだケッパーが味のベースになっています。
家庭によっては、マヨネーズを入れたり、ツナをもっとたっぷり入れたり
チーズを入れたり。

何でも合いますので、家にある野菜やら材料ででも
いろいろなバージョンでお試しいただけます。


画像





Secondo piatto e contorno:セコンド&コントルノ
Spezzatino con le patate お肉の煮込みスペッツァティーノ ジャガイモ入り


暑い時期ですけれども夏バテしないよう
しっかりした煮込みメニューを組み合わせました。

お肉(牛、豚)の煮込みに、じゃがいもを入れ、メインと付け合せが一緒になった
一皿完結メニュー。


まずスペッツァティーノのベースは香味野菜。
しっかり炒めてから、お肉を焼きます。

画像



そこへトマトピューレを加え

「ゆっくり」 煮込みます。


画像



このイタリアの時間感覚をなかなか日本の忙しい生活の中でつかむのは
大変かなぁ・・・
でも愛情とともに、この「ゆっくり」、が大切です。

特に今は暑いので、なるべくガスを使う時間を短くしたいですけれども。
イタリアの家は夏でも涼しいので、そこにも違いがありますが・・・



食べる直前に、そこへじゃがいもを加えます。
もちろん、お芋をゆでるのにかかる時間は食べ始める時間から逆算して。

画像



画像




Dolce:ドルチェ
Macedonia マチェドニア たっぷりフルーツの白ワイン仕立て


こちらも真夏によく食べられます。
マチェドニア、日本ではフルーツポンチですね。
ただ、今回はたっぷり白ワインが入っていますので
大人の味わい。


数種のフルーツを細かく切り

画像



白ワイン、砂糖、レモン搾り汁でシロップを作り、
冷やします。

画像



食後にさっぱりと。
でも私はこれだけで酔いました(笑)

画像



イタリア帰りでまだ意識朦朧としていたことも関係あるかも
しれませんが・・・
お酒の弱い方はワインは控えめに。



それでは今月の教室も皆様のお越しをお待ちしております
楽しい夏を

BUONE VACANZE


チプレッソHP・ご案内はこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
凄く美味しそうですね。マ
行けなくて残念でした。モ
今月は行けそうです。マ
かおかお
2011/08/14 06:59
かおかお様

お久しぶりです。いつもありがとうございます。
少し落ち着かれましたか?
スタッフ一同お待ちしておりますね♪
Asano
2011/08/17 11:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
さわやか!お米のサラダ マンマに習うイタリア料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる