マンマに習うイタリア料理

アクセスカウンタ

zoom RSS もちもち&クリーミー ニョッキ

<<   作成日時 : 2011/01/31 21:17   >>

トラックバック 0 / コメント 2

この寒い寒い毎日もそろそろ限界、早く暖かくなってほしいなぁと
心から願う今日この頃です・・・
今月はそんな日にもぐっと元気の出そうなクリーミーなゴルゴンゾーラのソースで
いただくニョッキ、そしてまさに「トスカーナの味」、栗の粉で作るカスタンニャッチョなどを
作りました。


画像




〈1月のメニュー〉

プリモ:じゃがいものニョッキ ゴルゴンゾーラのソース

セコンド:イワシの香草焼き

コントルノ:ブロッコリーとにんじんのボイル

パン:カスタンニャッチョ&ローズマリーのフォカッチャ




プリモピアット
Gnocchi di patate al gorgonzola
じゃがいものニョッキ ゴルゴンゾーラのソース


画像



画像




ゆでたじゃがいもをつぶし、小麦粉を混ぜていきます。

上の写真の道具、イタリアのポテトマッシャー、
この、「つぶす瞬間」がなんとも言えない感触で、おぉ〜っ!!と楽しんでおられました。

きっとこの笑顔からも感じていただけますね。



そして生地を棒状にして一口大に切り

画像




フォークでくるっと。
ニョッキを作るときのアウローラの口癖、「クルット クルット」。

画像



筋のついた木の板、ニョッキボードもありますが、
なければこれでも簡単に。

作る過程もコロコロと楽しいんです。


画像




そしてこれを今回はチーズのソースで。
実は「ゴルゴンゾーラ」、ブルーチーズですので万人が好むものではないだろうと
今まで使うのをためらっていた食材でもありました。

ですので、苦手な方には別途パルミジャーノのみのソースも
ご用意しようとしていたのですが
さすがみなさんイタリア通。
大丈夫よ〜とのことで、安心しました。


画像



牛乳とバターでのばして、こんなにクリーミーになりました。
チーズの味も、程よくやさしくなります。
こんなに簡単にニョッキが作れるのね、これなら絶対
家で作ろう〜と喜んで下さった方がたくさんいらっしゃいました。

画像





セコンドピアット&コントルノ

Sardine impanate イワシの香草焼き
Broccoli e carote bolliti ブロッコリーとにんじんのボイル


今回、とても大きな新鮮なイワシです。

画像



私たちも前で最初に説明しましたが、各テーブルでもこうして人生の先輩より。
幅広い年代の方が来て下さっているからこそ。
ありがたいです。


画像



いわゆるイワシのフライですが、イタリアらしいのは、衣にニンニクやパセリを
混ぜ込んでしまうことですね。


画像



パーネ
Castagnaccio e focaccia al rosmarino
カスタンニャッチョ&フォカッチャ


日本では珍しい「栗の粉」で作るフォカッチャの一種、カスタンニャッチョ。

これはまさに、トスカーナの味。切り売りのピザ屋さんなんかで
よく見かけ、おやつにつまんでいる人も町でよく見かけます。
そしてプレーンなパンもということで、フォカッチャとの2種を作りました。

なぜ2種類も?というのは、アウローラ曰く以前お家でこのカスタンニャッチョを
作られたそうですが「家族は誰も口に合わず全然食べてくれなかったの・・・」ということで。
もし苦手な方がいらっしゃればプレーンな方を食べていただければと考えました。

・・・・そんなにまずいものなのか!?と思われるかもしれません、
そんなこともないのですが(笑)
確かに栗の粉独特の風味はありますね。

こちら栗の粉。

画像



牛乳とはちみつを加えて、生地を作ります。

画像



これに松の実をちらし、ローズマリーを乗せてオーブンへ

画像



焼けました、花ローズマリーを添えて。素朴な味わいです。

画像





一方フォカッチャはこちら、オリーブオイルもたっぷり。

画像



今気づきましたがカスタンニャッチョに気が行っていましたので
フォカッチャの出来上がり写真はメニュー全体の写真にちょこっとしか入っていませんでした。
かわいそうに・・・
皆さんおなじみということで今回はこれでお願いします。

画像




それでは2月の教室へもご参加お待ちしております。


教室についてチプレッソHPはこちら



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
カスタニャッチョ、作ってみたかった。食べてみたかった。三月こそは、蛍池教室を お願いします。
教室後に仕事に戻る私には、池田教室は遠く感じれます。が、単にわたしが 怠惰なだけとも自覚しています。すいません。
でも、ご都合が おありでしょうが、蛍池で お待ちしています。希望レシピは、カネロニと、バーチ デ ダーマ です。 よろしく。
koko
2011/02/04 14:35
koko様
こんにちは、いつもありがとうございます。
またご希望メニューもありがとうございます。
蛍池はただ今検討中ですのでしばしお待ちを。
Cannelloniは以前にもお伺いしましたね、また提案してみます。
Baci di damaは、料理と4品も作る中ではちょっと手がこみすぎるかな〜という気が致します・・・
けれど貴重なご意見ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
Asano
2011/02/07 13:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
もちもち&クリーミー ニョッキ マンマに習うイタリア料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる